Tax return in Australia

オーストラリアで確定申告をして税金の還付を受ける

確定申告が必要ですか?

ワーホリさんや学生さんが確定申告した場合の毎年の平均税金還付額は約$2600程度と言われています。還付額は納税額によりもちろん異なりますが、しっかり納めた税金は帰国時に還付を受けたいですね。また、日本へ本帰国する際、スーパーアニュエーション(個人年金積立)の還付も申請可能です。オーストラリアでは毎年の会計年度末に確定申告をすることは義務付けされています。

オーストラリアの会計年度は7月1日から翌年の6月30日になります。法律により確定申告は義務付けられています。ところが、学生さんやワーホリさんの間では、税金などの諸手続きは難しそう、間違えたらどうしよう、または申告方法が分からないなどの理由により、確定申告にかなり困っているという話を聞きます。

ご自身で申告を行うことはとても良いことですが、申告方法を知らないと税金の還付額が少なくなったり、記入方法を誤ったために逆に追加請求が来たりなどのリスクも伴います。

ワーホリビザ・学生ビザの方の確定申告

ワーホリビザ・学生ビザ保持者でオーストラリア国内に到着後6ヶ月以上経過している方は確定申告が必要です。上記ビザ保持者では平均$2600程度の還付金が得られています。(個人差があります)

スーパーアニュエーション(個人年金積立)引出し申請

ワーホリビザ・学生ビザ保持者でオーストラリア国内に到着後6ヶ月以上経過していて、日本へ帰国する場合、雇用主が雇用者のために積立てた自身のスーパーアニュエーション(個人年金積立)口座内の積立額を日本へ持ち帰る事が可能です。

以下が申請条件:

  • オーストラリアから永久に離れること
  • 申請時に既にビザを失効している事

 

確定申告に必要な書類:

確定申告を始める前に以下の書類を揃えておきましょう。

  • 氏名
  • Eメールアドレス
  • 電話番号
  • オーストラリア国内の住所
  • オーストラリア入国日
  • 帰国する場合は、オーストラリアからの出国予定日と航空券
  • Tax File Number(納税番号)
  • PAYG payment summary(雇用主から会計年度毎に受け取る年間の給与額と納税額が書いた書類)、もし受け取っていない場合は、年間の給料明細全て
  • 帰国する場合は、最終給料明細も必要
  • 雇用主の詳細(会社名・住所・ABNなど)
  • 仕事に関連する物を買った・サービスを利用した際のレシート
  • ビザコピー
  • パスポート
  • 還付金の振込先の銀行口座

こちらのリンクを利用して割引料金で確定申告が可能です。英文のみになりますが、分からない事があったらいつでもお問い合わせください。

**上記の内容は予告なく変更される事があります。詳細・最新情報に関しましては、弊社まで直接ご確認ください。

お問い合わせフォーム

[teamleader id=5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です