What should you bring to Australia

オーストラリアに何を持って行った方が良いでしょうか?

どれだけの人がオーストラリアに到着後、「重大な忘れ物」をした事に気付いた経験があるでしょうか?ご心配なく、Just Australiaでは出発前の持ち物チェックもお手伝いいたします。

何を持っていかなくてはいけない?

まず最初に、旅路に必要不可欠な基本的なものは以下になります。

  • パスポート
  • 航空券
  • ビザコピー
  • ホテルやホームステイなど、滞在先の予約確認書(もしあれば)

以上のリストにある書類は、既に分かりきったものばかりのようで、準備しているつもりでも、うっかり忘れてしまうことがあります。

必需品:書類編

  • 運転免許証(また国際免許証)
  • 過去の卒業・修了証明(英語力検定や高校・大学卒業証明)*進学を検討中の方や求人にも便利
  • 海外旅行保険
  • クレジットカード・デビットカード

オーストラリアに到着後、予定より早く手持ちの現金を使ってしまい、日本の銀行口座から現金を引き出したい、または支払いが必要な時のために、クレジットカードやデビットカードは2枚は用意しておきましょう。これは、万が一技術的なエラーや紛失等が生じて手持ちのカードが使用できない時のためです。もう一つのオプションは、トランスファーワイズを利用し、銀行口座開設後いち早く現金を海外送金する方法です。

必需品:便利道具編

  • ノート型パソコンやタブレット端末:英文履歴書やカバーレター作成時やオンラインフォームを書き込む時に便利です。
  • USBスティックメモリー:これに必要な書類を記録しておけます。日本から持ってきたい情報などがある場合は便利。オーストラリアでも安く購入できます。
  • パソコンやスマホの充電ケーブルや携帯型充電器
  • 変換プラグ:メルボルン市内のどこでも購入できますが、スマホは空港でも充電できるため、乗り換え時や到着時でもあると便利。
  • 更に便利!変換プラグ延長コード。オーストラリアの一つのコンセントで手持ちのスマホ・パソコン・カメラなど同時に充電可能な賢いツール。
  • もし手元にあれば予備のスマホ。
  • 持病がある方は、処方薬:オーストラリアのカスタムで申告しましょう。医師からの診断書や処方箋も携帯していると万が一空港で質問を受けた際安心です。
  • 電子辞書:英語に自信がない方にはとても便利です。オーストラリア国内の電気屋さんには置いていないため、現地では手に入りにくいです。

必需品:衣類編

  • 冬用のコート・ジャケット:1年を通して過ごしやすいオーストラリアですが、ビクトリア州・タスマニア・首都キャンペラなどには冬があり、早朝深夜などは冷え込む日もあり、山間部では積雪もあります。日本の防寒具は軽くて機能的なのでお持ちすることをオススメします。
  • 履き慣れたスニーカー:オーストラリアは大自然がいっぱいです。是非、冒険を楽しんでください。靴のサイズは大きめのものが多く、24cm以上であれば標準的なサイズになりますが、22-23cmは小さいサイズになります。お気に入りの一点を見つけるのに苦労するかもしれません。

もう荷造りも心配ありません!大体のものはオーストラリアでも手に入ります。服や靴のサイズは平均的に大きめで、服のセンスも日本とは若干異なります。この際、オーストラリアらしい服装にチャレンジするのも良いかもしれません。

 

お問い合わせフォーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

©Just Australia 2020