Australian customs regulations

オーストラリアの税関・検疫

日本の某テレビ番組でもおなじみのオーストラリア空港税関「ボーダーセキュリティ」を観て、入国に対し心配になっていませんか?荷造りと入国の段階で少しだけ気をつけさえしていれば、心配は要りません。

オーストラリアは、その独特な生態系を維持・保護するため、入国時には全員に対し厳格な検疫管理が行われます。このため、オーストラリア行きの全飛行機の機内で「入国カード」が配られます。日本からオーストラリアへの直行便で入国の際は、数に限りはありますが、日本語での入国カードも用意されています。パスポートをお手元に起き、必要事項を記入ください。カードには、オーストラリア国内へ持ち込む手荷物についての質問が多数記載されていますので、正直にお答えください。では、税関・検疫審査基準に沿った、オーストラリア国内へ持ち込み可能なもの・持ち込み不可能なものを見ていきましょう。

食品の持込

食品を持ち込む際は、生鮮食品等はもちろん、加工肉・ドライフルーツ・ケーキ・お菓子・コーヒー紅茶・漢方薬など加熱処理や乾物などの加工食品であっても全て申告する必要があります。心配な方は、質問を受けても説明が出来ないような食品類は持ち込みを控えた方がいいかもしれません。

動物製品の持込

骨・角・牙・毛皮・羽毛・羊毛・皮製品・貝殻・剥製などを含む動物製品は申告が必要。汚れが一切無いもの、特に土・血・糞のついているものは持込不可。剥製は剥製師が作ったことを記す証明書が必須ですが、一部持込不可のものがあります。

植物製品の持込

荷造り時に何を入れたかを覚えておきましょう。全ての木製品・植物を使った工芸民芸品・麦わら製品・竹・藤・松の実やポプリ・ココナッツの彫刻刀・種や生花またはドライフラワー等の装飾品等申告が必要です。

酒タバコ類持込

酒タバコ類持込による免税規定によりますと、18歳以上であれば以下のものを免税品として持ち込むことが可能です。

  • 最大で$900の免税品
  • 最大2250mlの酒類
  • 最大50本のタバコまたは50gmの葉巻

以上の規定量を超える製品の持ち込みは、超過分の税金の支払い義務が発生します。

薬品の持込

アスピリンやアセトアミノフェンなどの解熱鎮痛薬や市販のお薬等は通常申告が不要です。医師からの処方薬は、個人的に消費する容量内で最大3ヶ月分持ち込むことが可能になります。申告の際はかかりつけの医師からの英文での処方箋などの証明書類が必要になります

現金の持込

持込上限設定はありませんが、10,000ドル以上の現金の持込は申告が必要です。

オーストラリア国内に持込が禁じられているもの

持込が完全に禁じられているものは何でしょう?以下のものは持込が禁止されているますので、お気をつけください。オーストラリア政府のウェブサイトに詳しく記載があります。

  • 銃製品、花火、唐辛子スプレー、刃のついた武器
  • 土壌、泥、または粘土などが付着したもの
  • 果物や野菜
  • 肉類全般
  • 模倣品(洋服・DVD・音楽・違法ポルノなど)
  • ステロイド剤・違法薬物
  • テロ関連の資料

以上のオーストラリア税関・検疫規定に反したものを申告なしに持ち込みしようとした場合、厳しい罰金・または罰則を課せられる場合がございますのでご注意ください。万が一、国内持込が禁止されている物を携帯していた場合でも、申告さえしていれば、その場で没収程度で済みますので、分からない場合は正直に申告してください。

**上記の内容は予告なく変更される事があります。詳細・最新情報に関しましては、政府当局までご確認ください。

お問い合わせフォーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

©Just Australia 2020