Working Holiday Visa

ワーキングホリデービザ

若者にダントツ人気のワーキングホリデービザ(Subclass417)。

このビザの申請に関しての必要条件は:年齢がビザ申請時18歳以上30歳以下で、申請可能国は日本を含む19か国。扶養義務のあるお子様の同行は不可となっております。

ビーチ沿いで黄色いバンとサーフボード

 

ビザ申請料は440豪ドル。ビザ取得後は、1年間オーストラリアに滞在可能で、この間は何度でも出入国可能です。

1雇用主の元で6か月以内であれば時間制限なく就労可能となりますので、滞在中の足りなくなった滞在費を補充することもできます。

就学は4か月以内可能。多くのワーホリさん達は、最初の1か月前後、語学学校に通われるか英語プラス@コースの英語プラスバリスタコースやインターンシップ等を受講して、即働けるスキルを身につけたり、「ラウンド」といってバックパッカーとなり各州の名所を回ったりしています。

4か月以上の就学をご希望の方は、学生ビザの取得が必要となります。

温室で農業作業中

 

また、セカンドワーキングホリデーと言って、88日間以上、政府指定地域で農場勤務をしたことが証明できる場合は、もう1年ワーキングホリデービザを延長することが可能になっております。

Just Australiaでは、セカンドワーホリ該当ファーム配属手配が含まれてたパッケージプランもご案内しております。

また、ホテルでの有給インターンシップ付きパッケージプランもお取り扱いがございます。

現在、WHで渡豪中の方も、これから来られる予定の方も、どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

[teamleader id=5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です